バイク原付の廃車回収、引取、完全無料です@ReBike-リバイク-

全国対応。福岡県、熊本県、大分県、佐賀県は迅速回収可能。出張引取、廃車手続き、全部含めて完全無料。

平成28年1月22日

今日は3台依頼がありました。

まず1台目。福岡市早良区で、ホンダのC50型スーパーカブを回収しました。


かなりサビサビ。カブは外に放置してるとすぐこうなります。

2台目。ヤマハの5AU型ビーノを回収しました。



レグシールドxフェンダーx
ビーノは大事に乗っていても、ちょっと引っ掛けるだけで割れます。これは仕方ありません。エンジンかかるし、上等の部類になります。

最後、ヤマハのSA26J型ビーノを回収しました。

こちらは、上のビーノから3代あとのモデル。割れやすかった前代モデルの欠点を解消すべく、PP樹脂(バンパー素材)をふんだんに用いた形になっています。そのおかげで、この車体は割れ欠け無しの模様。
エンジンがカーボン噛み起こしてる模様で、それのオーバーホールが必要です。でも、カウルの欠品がないので、助かります。

平成28年1月21日

台湾モデルです。
メーカーはたぶんSYM、モデル名不明。そんなバイクを回収しました。


ちょっと小ぶりな125ccほどの大きさがありますが、これは50cc。たぶん同じフレームを使った125ccモデルも存在するでしょう。
台湾メーカーは特にスクーターに力入れてて、この分野では日本よりも圧倒的に上のシェアを占めています。福岡にも代理店がいくつかあって、回収例も少しあり。

平成28年1月20日

(昨日は)東京が雪、ゆき、ユキというニュースで持ちきりでした。

普段関係ない福岡でも


まあ珍しい。

しかし、普段よりもあったかく感じます。
ロープも、いつもは朝方はカチンコチンなってて解くの苦労なのに、今日はサラサラ。

雪もたまには悪くないですね。

この日回収したのはホンダのAF34型ライブディオ。
外装に割れや欠け無しの完全品状態でした。

平成28年1月19日

長いこと引きづってきたインフルエンザネタですが、昨日今日で37度まで落ちてきました。
あと少しで復帰できそうで、それはそれで貯まった整備待ち車両が待ってるので、頭痛いです。

さて、今日は近場の回収のみでした。

ホンダのAF63型ディオZ4を回収しました。

フロントカバー無しウイング無し。息子さんのバイクだったのですが、県外に勤めに出てからは全く使ってない、それでマンション駐輪場に置きっぱにしてたら、こんな有様になってた、とのこと。
人気車種ですから、車体ごと持ってかれなかっただけでもマシか。
廃車手続きも承りました。

もう1台。
ホンダのAF61型トゥデイを回収しました。


事故車のような壊れ方していますが、コンビニで駐車中にバックで入ってきた車にぶつけられた、とのこと。
保険交渉も終わって、修理するか新車買うか迷っていたが、結局新車買うことに決めたので、こちらを手放すことにしたそうです。
こちらも廃車手続き承りました。
自賠責がまだ残ってたので、新車を買うならそちらの方に、残りの期間の「付け替え」が可能です。ご依頼主はこの制度知らなかったようで、バイク屋さんに連絡して、自賠責の新規登録を待ってもらうことにしました。保険会社もJAさんだったので、近くのJA支店ですぐ手続きできます。
コンビニ自賠責と比べると、こういうときにJA自賠責は便利だったりします。

平成28年1月18日

インフルエンザのような症状になって5日目、それとはっきり分かって3日目、なかなか治りません。
もう若くないってことかな?
昔は1日寝てれば治ってた気がします。
そもそもインフルエンザとか記憶にないくらい昔にかかって以来です。
回収員達にうつさないよう気をつけています。

さて、昨日は2台回収でした。

まず、大分市でホンダのAC17型SOLOを回収しました。


まだ新しく、回収するには早い、かなり珍しいモデルです。と言っても相当色あせしています。
ご依頼主は若い方ですが、車に乗り換えたので手放すことにしたそうです。

もう1台。
佐賀県吉野ケ里町で、ホンダのAF58ズーマーを回収しました。

ヘッドライト周りやその他が改造。エンジンは焼きつきの模様。
こちらも廃車手続きも承りました。
昨日は日曜日だったので、今日明日に官庁で手続き済ませて、その後、廃車証を郵送させて頂くことになります。

最新記事

ReBike-リバイク-

HN:
リバイク
性別:
非公開
自己紹介:
福岡県大野城市大字牛頸362番地
092-515-5278
受付時間:07:00〜21:00ぐらい
年中無休

バイク検索

バイクの名前や型式で検索してみて下さい。(型式とは車台番号の”-”より前半の英数字です。車台番号は自賠責証書などにも記載されています。)

最古記事