バイク原付の廃車回収、引取、完全無料です@ReBike-リバイク-

全国対応。福岡県、熊本県、大分県、佐賀県は迅速回収可能。出張引取、廃車手続き、全部含めて完全無料。

JF06E リード100のエンジン その2

引き続き、さくさくバラしていきます。
普通のホームセンターにあるような工具で取れる部分は飛ばします。

そんで行き当たるのがまずコイル側

ローターを取るためだけの特殊工具です。
このあと出てくる汎用セパレーターで代用可能ですが、
そっちでやると、バン!って感じで勢い良く取れちゃってお勧めできません。

次にプーリー側
…はインパクトドライバで外しましたので写真省略。
ここでインパクトドライバ使うのは、クランクシャフトやベアリングに無用な衝撃を与えるので良くない。
のですが、今回そのベアリングを交換するためだし、しかも外す方向なのでヨカヨカとしました。

さて最後にシリンダーを外してピストンを露出させます。
ほ〜ら、お前の恥ずかしい所が丸見えだぞう〜(しつこい)

ふっふっふ。キレイだぞお前。

いやまあ本当に思ったよりはキレイです。
ピストンリングだけ交換します。

さて、いよいよクランクケースを割るわけですが、
その前に大事なことがあります。
ピストン側から内部を覗いて

ケースとクランクシャフトのウェイト部分との隙間を測っておきます。
あとで組む時、同じ隙間間隔となるようにするためです。

隙間を図るのは隙間ゲージです。

長いタイプで、1mm以下が充実してるタイプがバイク整備では使いやすいかと。
これで測ったら、左は0.9、右は1.1でした。
忘れないようにメモメモ。

さていよいよクランクケースを割ります。
まずコイル側から。7本あるボルトをすべて外す。
このボルトはそれぞれ長さが違いますので、
外した際は順番に並べておくと良いでしょう。
全て外したのを確認した後、汎用セパレーターをセット。

これが汎用のセパレーターです。
後述の専用セパレーターより何故か使い易い。
セットして中央のボルトを締めていくと、パカっと音がしてケースが分離します。

取れたら今度はプーリー側。

こちらが専用セパレーターです。

っとその前に。
セルスタータークラッチってのがあります。
写真に写ってるんですが、クランクシャフトにはまってて、本来セルモーターの動力をシャフトに伝える部品です。
これが今回なかなか外れず苦労しました。
CRC吹き込んだり熱したり冷やしてもビクともしない。
なので、写真の様に、この専用セパレーターでケースごと引き抜こうかと思いましたが、
シャフトに荷重がかかりすぎそうだったため途中でヤメ。
結局、シャフトについたままの状態で細かく分解して、
3つのネジ穴が見えた段階で、前述の汎用セパレーターを使って引き抜きました。

硬かった…


と少しトラブルがありましたが、ここまでなにも壊す事なく無事に終了。

いよいよベアリングを交換します。
次回に続きます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

最新記事

ReBike-リバイク-

HN:
リバイク
性別:
非公開
自己紹介:
福岡県大野城市大字牛頸362番地
092-515-5278
受付時間:07:00〜21:00ぐらい
年中無休

バイク検索

バイクの名前や型式で検索してみて下さい。(型式とは車台番号の”-”より前半の英数字です。車台番号は自賠責証書などにも記載されています。)

最古記事